フルバランスの出村です。今回は「現役LPO会社社長から学ぶコンバージョンを獲るランディングページ」を読んだのでご紹介させていただきます。

ランディングページとは?

ランディングページとはLanding Page、「着地のページ」という意味になり、ユーザーが検索して最初に見るページのことです。
マーケティングの世界ではクロージングを行う縦長の1ページのことです。
本のタイトルにあるLPOとはLanding Page Optimazation、ランディングページの最適化のことです。
集客にかける予算は変わらず、見込客からの問い合わせや購入する人数を増やすことのことを言います。
ランディングページを徹底的に改善し、効率的に集客することで成果を上げます。

成果をあげる人

リサーチと設計

ランディングページの作成をするのに力をそそぐべきポイントがリサーチと設計です。

ターゲットニーズリサーチ

言葉のままで、ターゲットのニーズをリサーチすることです。

  • 商品にどんな印象を抱いているか?
  • 何故購入したのか?
  • その商品や類似製品への不満は何か?

といったことを調査していきます。

ギフトを受け取った手

調査の方法は、

  • お客さんに直接聞く
  • 検索ツールを使う
  • ネットで調べる
  • お金をかけて調査する

といったことがあります。

検索ツールでは、サジェストを利用してキーワードからニーズを調査します。
ネット検索では、Amazonを見る、Googleキーワードツールを使うなどです。

3C分析

3Cとは、Customer(市場/顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の頭文字を取っています。

分析

市場分析

市場を分析するときはマクロ分析とミクロ分析を行います。マクロとは法改正や景気変動などの大きな社会的変化、ミクロとは業界のことを指します

競合分析

競合分析とは、ライバル会社のビジネスの結果とその結果を出せた理由の分析です。完璧に行うのではなく、Web上で勝つための項目に絞り行います。

自社分析

市場や競合の分析をしてまとめたときに、今自分はどのポジションにいるのか比較し考えたものが自社比較です。

ペルソナ設計

ペルソナは外面と内面を考えて作ります。特に内面、「何に悩んで」「どうなりたくて」「どんな気持ちで検索しているか」といったところが、セールスや広告へのヒントとなります。

ランディングページの最適化

ランディングページの鉄板構成は以下の通りです。

喚起

ファーストビューの離脱判断は3秒。まず商品を使うとどうなるのかを呼びかけましょう。商品の特徴によってどうなるのかという連想ゲームを人の関心の中に入るまで続けてコピーを考えます。

結果

喚起したら、商品がもたらす結果に焦点を当てたコピーを書きましょう。結果を書くことでユーザーのモチベーションを上げて、心を掴んでいきます。

証拠

結果を実証しましょう。何故その結果を得られると言い切れるのか提示しましょう。信憑性を持たせるために必要で、客観的に見せることがポイントです。

共鳴

商品を使っている他のユーザーの声を載せましょう。Amazonでいうところのレビューです。商品を使った人の体験、属性をターゲットに合わせて載せましょう。

信頼

テレビや新聞の取材が入った、芸能人も愛用している、など安心に拍車をかけましょう。権威者の主張は商品の信頼へと繋がります

ストーリー

人は感情で物を買い、理論で正当化します。商品ができるまでのストーリーや開発の思いなどを語り感情に訴えかけます。

クロージング

「今度でいい」「もう少し調べよう」などと思わせず、商品を今買わねばならない理由や絶対に損しないと言い切れる保証をつけてクロージングしましょう。

PS.

最後に、今買う理由や保証を補足しましょう。クロージングまでだとそこで満足してしまいブラウザを閉じてしまいます。

広告による集客

ランディングページができたらユーザーに見てもらいましょう。この本で一番勧められているのは広告での集客です。広告には次のようなものがあります。

  • Google/Yahoo! 検索連動型広告
  • リターゲティング広告
  • ディスプレイネットワーク広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • Instagram広告
  • アフィリエイトを使った広告

それぞれの特色を活かして広告を打っていきましょう。

コンテンツマーケティングによる集客

オウンドメディア

広告を出すのにはお金がかかります。集客にお金をかけたくない場合はオウンドメディアを作り、コンテンツマーケティングで集客しましょう。
コンテンツマーケティングとは、オウンドメディアで記事などのコンテンツを発信して見込客の流入を促し、商品の購入や問い合わせに繋げる方法です。
コンテンツマーケティングに成功すると集客チャネルを増やすことができるようになります。

フルバランスで行なっていること

ランディングページ

補助金LP

lp

IT導入補助金という、新規事業向けの補助金を使ってECサイトを制作しましょうというランディングページです。
GoogleAdWordsで集客を狙っています

コンテンツマーケティング

ShopifyRecipe

オウンドメディア

ECサイト構築CMS Shopifyにまつわる情報や使い方、ECの知識などを記事にしています。
フルバランスではShopifyでのサイト制作を企画段階から運用までサポートしています

コーポレートサイト

コーポレートサイト

Web制作、システム開発、ECサイト、コンテンツマーケティングを事業とする弊社のオウンドメディアです。
事業にまつわる情報から、オフィスがある高田馬場の街情報まで、様々な記事を発信しています。

まとめ

ランディングページとひとことでいっても「誰に何を伝えたいか」しっかりと考える必要がありますよね。
「誰に」というターゲットを決めるにしても、自分が広めたい商品を欲しがっている人はどんな人でどんな悩みを解決したいからその商品をほしいと思うのか。事前の調査や分析が大事だと改めてわかりました。
ランディングページだけでなく、バナーやWebsiteにももちろん共通する考えだと思うので、今後は手を動かす前の分析・調査の時間をより大切にしていきたいと思います!

現役LPO会社社長から学ぶ コンバージョンを獲る ランディングページ
現役LPO会社社長から学ぶ コンバージョンを獲る ランディングページ 相原 祐樹

ソーテック社 2018-05-19
売り上げランキング : 26120

Amazonで詳しく見る by G-Tools

この記事を書いた人

出村美咲
出村美咲
Webデザイナー・コンテンツマーケター
小技の効いたWebデザインができるよう
日々勉強中です。
ポケモンは全世代やってます。